作業所モール ひとつひとつを、ていねいに。

  • 利用規約
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • Facebook
  • 会員の方はこちらから
  • ログイン
  • 作業所モールとは
  • マイページ
  • ショッピングカート
  • ショップリスト

ショップリスト商品一覧

社会福祉法人 青葉仁会

デリカテッセンイーハトーヴは、障がいのある方々の雇用や働くための訓練を行う場所です。 また、人それぞれが、その人らしく働ける環境もご用意しています。 「デリカテッセン」には、「美味しいものを届ける場所」、「イーハトーヴ」には、「桃源郷」という意味があります。デリカテッセン イーハトーヴには「食」を通じて、施設を利用される方々やお客様のお役に立ちたい、喜んでいただきたいという思いが込められています。 平成23年4月より新たにお弁当・惣菜用厨房や、カフェ・販売ショップSORAが完成しました。より一層利用される方々が活躍できる場所を作っていきたいと考えています。

いきがいワーク 工房「千の風」

人生半ばにして、ある日突然病気や事故により障害者となった人たちを「中途障害者」と呼び障害者の7割を占めるといわれています。障害を負った方の多くは職場復帰がままならず仕事を失い、社会との接点を奪われて孤独な生活を余儀なくされているのが現実です。このような背景の中「いきがいワーク」は大阪府下で8ケ所目、箕面市では唯一の中途障害者専門の作業所として平成17年(2005年)に正式開所しました。 平成22年8月1日に「指定障害者福祉サービス事業所」として新たにスタートしました。 現在は15名のメンバーが日ごとに集い、創作・販売活動などに携わっています。 「それぞれができることを!」その中で生み出された作品は自慢できるものばかりです。自慢できるのは作品ばかりではなく、いつも「笑い」が絶えない作業所であること、ボケとツッコミ当たり前!そんな作業所であり続けるために、毎日頑張っています。

NPO大阪脳損傷者サポートセンター

人生の半ばで、様々なアクシデントに因って「脳」に損傷を受け、障害を負った方々を「中途脳損傷者」といいます。「遷延性意識障害」から「高次脳機能障害」まで、症状は個々に違います。 当法人の母体は、その脳損傷者の当事者・家族が社会から孤立することなく、お互いの困難さを共有し、支え合うために設立された会です。 その中の大阪府在住の有志が集まって、NPOを立ち上げました。主に相談支援や日中活動の場作りにあたっています。 まだ「作業所」の形態はとれていませんが、当事者と家族が一緒に物づくりに取り組み始めています。 全てハンドメイド。ユニークな唯一無二の物を創っています。

サリュ

メンバーが働くことを通して、生きがいや誇り、喜びを得、いきいきと『いきる』こと、自立した日常生活及び社会生活を営むことを共に目指します。

障害福祉サービス事業所れもん会社

「れもん会社」は地域で暮らす障がいのある18歳以上の人たちが就労訓練をするところになります。「ひとつひとつやさしさをつめこんで、手づくりのぬくもりをあなたに…」を合言葉に、日々クッキーづくりや木工品・布製品等の自主製品を頑張ってつくっています。

ページトップへ